top of page

次の祝祭までには

次の祝祭までには

「次の祝祭までには」
著者 Vered Singer
ヘブライ語 Ad Ha-Hag Ha-Baa Ze Yaabor   
英語 It Will Be All Over By Next Roash- Hashanah
出典 Maaboret Short Story Project 2021
ヘブライ語からの翻訳 樋口範子 Translation (Hebrew) Noriko Higuchi

作品紹介

 イスラエル生まれのユダヤ人によるこの作品は、ホロコーストでもパレスチナ問題でもない、人間の持つごく普遍的な差別感を掘りすすむ。それも決して肌の色や出自の如何によるのではなく、現代社会に横たわる階級的格差が描かれる。透き通るほどの肌と青い目をもつ老いた掃除婦が、女主人に雇われている。金持ちは貧乏人や不法移民を疎んじ、自分を相手より勝れた者、心優しい者、ひとがどの者だと思い込み、相手を蔑むことによって得られる快感をエネルギーにして生きていこうとする。その深層に若干気づいた女主人は、良心の呵責を覚えて、それをなんとか埋めようとするが、その行為もまた上から目線の自己満足にすぎないことに愕然とする。二匹の飼い猫にまで投影される格差の描写にうなる。

bottom of page