新譜情報:ヤロン・ヘルマン 「アルマ」

キングインターナショナル 発売中


イスラエル出身のジャズピアニスト、ヤロン・ヘルマン ブルーノートからNaiveへの移籍後第一弾。「即興」で挑んだ内省的ピアノソロ作。


パリを拠点に活躍するイスラエル出身のジャズピアニスト、ヤロン・ヘルマンのブルーノートからNaïveへの移籍後第一弾。11 枚目にして自身初の「即興」をテーマにした意欲作。


16 歳の時にケガをきっかけにそれまで打ち込んだバスケットボールを断念し、そこからピアノを始めたという異色の経歴の持ち主。19 歳でバークリー音楽大学に入学するも2ヵ月で中退。イスラエルへの帰国途中パリのジャズ・クラブでの飛び入り演奏が話題となり、そのままパリを拠点に活躍するなど、かなり破天荒。


2009 年、アルバム『ヤロン・ヘルマン・デビュー』で日本デビューを飾り、キース・ジャレットやブラッド・メルドーらの流れを汲んだプレイで人気を呼び、ブルーノートを中心に自身名義のアルバムをリリース。本作がNaïve サイン後の第一弾となる。


端正なタッチのピアノソロで、ルーツであるイスラエル的な音階も随所に散りばめながら、即興であることが信じがたいほど流麗なフレージングを敷き詰めた。研ぎ澄まされた空気が清冽な1 枚。



★国内盤には、坂本信氏によるライナーノート付。


more info

『ARTIST INDEX』 に掲載されている各アーティストのプロフィールは、過去のメールマガジンから転載されたものです