15/12/22

エリアフ・インバル指揮 東京都交響楽団『第9』Beethoven Symphony No.9 conducted by Eliahu Inbal

UP COMING

Event Details

今年もあっという間にこの季節!今年もインバルさんで〆られる、この幸せに感謝。いつまでもお元気で現役活躍をお祝いしたいです。…もしかして70代最後の日本公演かな。今度、食べ物のお好みや健康法について、是非お話をうかがいたいです!


日時:12月23日(水・祝)14:00

会場:東京芸術劇場 (池袋駅西口) https://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/detail.php?id=833


日時:12月25日(金) 19:00 

会場:東京文化会館 (上野)https://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/detail.php?id=834


日時:12月26日(土)14:00

会場:サントリーホール (溜池山王・六本木一丁目) https://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/detail.php?id=835


出演:指揮:エリアフ・インバル / ソプラノ:安藤赴美子 / アルト:中島郁子 / テノール:大槻孝志 /バリトン:甲斐栄次郎 / 合唱:二期会合唱団

曲目: ベートーヴェン 交響曲第9番 ニ短調 op.125《合唱付》

料金:2200~8000円

問合せ:都響ガイド TEL:03-3822-0727 (写真提供:東京都交響楽団/撮影:堀田力丸)


エリヤフ・インバル Eliahu Inbal

1936年イスラエル生まれ。1963年カンテッリ指揮者コンクール優勝以来、欧米や日本の主要楽団に数多く登壇し、国際音楽祭にしばしば出演。これまでフランクフルト放送交響楽団(現・hr交響楽団)常任指揮者、RAI国立交響楽団(トリノ)首席指揮者、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団常任指揮者、フェニーチェ劇場(ヴェネツィア)音楽監督、チェコ・フィル常任指揮者など数多くのオーケストラの指揮者を歴任。マーラーとブルックナーのスペシャリストとして知られ、80年代のフランクフルト放送響との両交響曲全集が独シャルプラッテン賞、仏レコード大賞など受賞して以来、フィルハーモニア管、コンセルトヘボウ管、チェコ・フィル、都響などとのマーラー・ツィクルス、ラインガウ祭でケルンWDR響とのブルックナー・ツィクルスを成功させている。1998年RAI交響楽団との「ニーベルンングの指輪」がイタリア批評家アビアーティ賞、ヴィオッティ賞を受賞。フランス政府から芸術文化勲章(オフィシエ)、ウィーン市から功労金賞、フランクフルト市名誉ゲーテ勲章、ドイツ連邦共和国功労勲章を授与された。東京都交響楽団には1991年に初登壇後、特別客演指揮者(1995~2000年)を経て、2008年プリンシパル・コンダクターに就任。マーラー交響曲集などのライヴCDを次々とリリースし好評を得ている。2年間に渡って開催された「インバル=都響 新・マーラー・ツィクルス」が大好評を博した。現在は同オーケストラの桂冠指揮者。

Artist information