LITERATURE.jpeg

LITERATURE

© Arieh Rosen

イスラエル文学は、従来のユダヤ人の伝統や歴史、文化に影響を受けつつ、世俗的で現代的なアイデンティティを構築する上で、中心的な役割を果たしてきました。作家たちは、古代ヘブライ語を復活させ、現代の言葉として生き返らせてきました。20世紀初頭、先駆的存在たるアグノンとブレンネルは現代ヘブライ語の礎を築き、発展させました。ブレンネルは中世のラビの表現を用いて新たな開拓者活動に取り組み、一方、アグノンは現代ヘブライ語と中世ヘブライ語を自在に駆使してユダヤの伝統と精神性を描きました。現代のイスラエル人作家は各国語に翻訳され、世界に広く知的貢献をしています。度々ノーベル賞候補に名前があがったアモス・オズ。政治的・社会的にも大きな影響力をもつダヴィッド・グロスマン。ユダヤ人のアイデンティティを問い続けるABイェホシュア。ホロコースト文学ではアッペルフェルドやオルレブ。話し言葉やスラングを駆使した独特の世界観で人気のケレット。ジャーナリストでもあり、ユーモラスなコラムで知られるサイイド・カシュアは、アラブ系イスラエルの若者の複雑な心情を「Dancing Arabs」に著しました。またヘブライ大学の歴史家であるユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」は世界的な大ベストセラーとして45言語に翻訳されています。

TOPICS

EVENTS

ARTISTS

PLAYLIST

LITERATURE

スクリーンショット (37).png
スクリーンショット (36).png

翻訳されているヘブライ文学を邦訳版刊行順に、著者名、書名、訳者名、版元名、刊行年の順に記載しております。