15/3/7

エリヤフ・インバル指揮 東京都交響楽団コンサート Eliahu Inbal conductor Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra Concert

UP COMING

Event Details

都響の桂冠指揮者として活躍中のインバルさん。ますますお元気で、今回はシューマンと、ワーグナー。シューマンのほうはあっという間に完売したらしく、お知らせのみのご案内で失礼いたします。…本当に、すごい人気。

ちなみに、e☆イヤホン秋葉原店様の許可をいただき、インバルさんのオフ・デーのワンショットをこちらにご紹介します↓ さすが往年のイケメン指揮者。なんてステキな笑顔なんでしょう!


「マエストロが秋葉原店にご来店」:http://ameblo.jp/e-earphone/entry-11799884450.html



<「作曲家の肖像」シリーズ>

日時:3月8日(日)14:00

場所:東京芸術劇場コンサートホール(池袋)

演目:シューマン 劇付随音楽<マンフレッド>序曲op.115、 ピアノ協奏曲イ短調op.54、交響曲第4番ニ短調op.120(1851年改訂版)

ピアノ:河村尚子

料金:全券種完売

詳細:http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/detail.php?id=750&year=2015&month=3


<定期演奏会>

日時:3月18日(水)19:00

場所:東京文化会館(上野)

演目:ワーグナー楽劇<トリスタンとイゾルデ>より「前奏曲と愛の死」、ブルックナー 交響曲第4番変ホ長調<ロマンティック>(ノヴァーク1878/80)

料金:2200~7500円

予約:都響ガイド TEL:03-3822-0727 あるいは都響HPからも

詳細:http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/detail.php?id=780&year=2015&month=3


エリヤフ・インバル Eliahu Inbal

1936年イスラエル生まれ。1963年カンテッリ指揮者コンクール優勝以来、欧米や日本の主要楽団に数多く登壇し、国際音楽祭にしばしば出演。これまでフランクフルト放送交響楽団(現・hr交響楽団)常任指揮者、RAI国立交響楽団(トリノ)首席指揮者、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団常任指揮者、フェニーチェ劇場(ヴェネツィア)音楽監督、チェコ・フィル常任指揮者など数多くのオーケストラの指揮者を歴任。マーラーとブルックナーのスペシャリストとして知られ、80年代のフランクフルト放送響との両交響曲全集が独シャルプラッテン賞、仏レコード大賞など受賞して以来、フィルハーモニア管、コンセルトヘボウ管、チェコ・フィル、都響などとのマーラー・ツィクルス、ラインガウ祭でケルンWDR響とのブルックナー・ツィクルスを成功させている。1998年RAI交響楽団との「ニーベルンングの指輪」がイタリア批評家アビアーティ賞、ヴィオッティ賞を受賞。フランス政府から芸術文化勲章(オフィシエ)、ウィーン市から功労金賞、フランクフルト市名誉ゲーテ勲章、ドイツ連邦共和国功労勲章を授与された。東京都交響楽団には1991年に初登壇後、特別客演指揮者(1995~2000年)を経て、2008年プリンシパル・コンダクターに就任。マーラー交響曲集などのライヴCDを次々とリリースし好評を得ている。2年間に渡って開催された「インバル=都響 新・マーラー・ツィクルス」が大好評を博した。現在は同オーケストラの桂冠指揮者。

Artist information

エリヤフ・インバル