16/10/21

オルケステル・ドレイデル(クレズマー)京都公演 Orchester Dreydel (Klezmer) concert in Kyoto

UP COMING

Event Details

「ひとびとの祈りの気持ちとひとつになっていた、歌、そして踊り。

そのこころを高揚させた、楽師たちが奏でる哀しみと慶びの旋律。

シャガールがカンヴァスに描き留めた、東欧ユダヤのこころの調べに迫る、シリーズ第10回を飾る珠玉の名曲の数々!!


18世紀からホロコースト(第2次世界大戦中のユダヤ人大量虐殺)前夜まで、東欧のユダヤ人共同体での結婚式で演奏されていたクレズマー音楽、そして東欧ユダヤ人固有の言語「イディッシュ」で謡われた民謡を、文化史的な背景説明を交えて生演奏で紹介する「オルケステル・ドレイデル」のレクチャー&コンサートです。

「伝統」とは、常に刷新されつつ受け継がれていくものである―との認識に基づき、過去から現代に至るまで生き続けるクレズマー音楽の生命力に、トラディショナルから現代作曲家の楽曲までを通して迫る渾身のプログラム!!」(リリースより) 


東欧ユダヤ音楽・クレズマー演奏会vol.10 「シャガールが愛した、故郷の旋律 ~ シュテットルのニグンnigunim fun shtetl ~」

Orkester Dreydel 2016 - Yiddish Music Lecture & Concert -


日時:10月22日(土)14:30 開演

会場:京都市国際交流会館イベントホール(京都市左京区粟田口鳥居町2-1/京都市営地下鉄東西線「蹴上(けあげ)」より徒歩5分)

出演:オルケステル・ドレイデル Orkester Dreydel / 樋上 千寿(クラリネット)、大橋祐子(ピアノ)、高橋延吉(ドラム)

料金:一般前売り ¥2,500 当日 ¥3,000 大学生以下は無料(学生証をご提示下さい) ※障害者のかた割引あり

予約: 電話・FAX:075-464-3047(ひのうえ)  または、Eメール:smile-chitoshi@sings.jp まで ご氏名、人数、ご連絡先をお知らせ下さい。


※チケットは原則として当日受付にお取り置きさせて頂きます。

※障害者手帳をお持ちの方は¥1,500(前売り・当日共)にてご入場頂けます。受付にて手帳をご提示下さい。(同伴が必要な方は同伴1名様入場無料)


オルケステル・ドレイデルOrkester Dreydel

東欧ユダヤ音楽クレズマーを専門に演奏する日本では稀有なグループ。2003 年グループを結成、クレズマー・ミュージックの研究と演奏活動を開始する。京都と東京で定期公演を主催するほか、全国各地で開催される「シャガール展」で数多くのレクチャー・コンサートを担当してきた。


樋上 千寿 Chitoshi Hinoue (クラリネット、解説)

同志社大学大学院文学研究科在籍中より東欧ユダヤ系芸術家シャガールの研究を進める。幼少よりピアノを、高校でクラリネットを習得。同志社大学軽音楽部では主にジャズ・ピアノを演奏。「シャガールが描くヴァイオリン弾きはどんな旋律を奏でたのか」という問いを追究する途上でクレズマー音楽に出逢い、2003 年「オルケステル・ドレイデル」を結成。2005 年よりドイツ・ワイマールで開催されるクレズマー音楽の国際的なワークショッYiddish Summer Weimar にほぼ毎年参加、クレズマー奏法を Dr. Alan Bern、FrankLondon、Walter Zev Feldman、Christian Dawid らに師事。これまでに 2 枚の CD「シュピール、ドレイデル!」(2006)、「Mazl Tov! おめでとう!」(2007)をリリース。共著に『ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?』(大阪大学出版会、2011、オルケステル・ドレイデルによる演奏 CD 付属)など。現在、京都造形芸術大学、京都美術工芸大学、神戸夙川学院大学非常勤。

http://dreydel.blog.jp/

Artist information