22/11/22

オル・バレケット・トリオ 日本ツアー2022

UP COMING

Event Details

世界的ベーシスト、ゲイリー・カーが創設した国際ベーシスト協会コンペティション優勝のオル・バレケットのもとに、セロニアス・モンク・インスティテュート・コンペティションのファイナリスト、ゴッドウィン・ルイスと、マンハッタン音楽院の修士号を持つ女性ドラマー、サバンナ・ハリスという注目の気鋭たちがニューヨークで集結。
世界のジャズシーンをを席巻するイスラエル・ジャズがニューヨークの精鋭を率いて旋風を巻き起こす!


<メンバー>


オル・バレケットOr Baraket : bass

ゴッドウィン・ルイスGodwin Louis : a.sax

サバンナ・ハリス Savannah Harris: drums


<ツアー日程>


11.22[tue] 新宿 PITINN

11.23[wed] 渋谷 Body & Soul

11.25[fri] つくば市 FROG

11.26[sat] 静岡市 LIFE TIME

11.27[sun] 名古屋市 Mr.Kenny's

11.28[mon] 京都市 le club jazz

11.29[tue] 武蔵野市 武蔵野スイングホール


■ ライブに関するお問い合わせ:オフィス・ズー


<プロフィール>

オル・バレケットOr Baraket : bass

「ARTIST INDEX」をご覧ください。


ゴッドウィン・ルイス : a.sax Godwin Louis


ニューヨークのハーレムで生まれ。コネチカット州ブリッジポートとハイチのポルトープランスで育つ。9 歳でサックスを始め、バークリー音楽大学と名門のセロニアスモンクジャズパフォーマンス研究所を卒業する。彼は" セロニアス・モンク・インスティテュートオブジャズサックスコンクール" のファイナリストであり、ハービー・ハンコック、クラーク・テリー、ロジャー・ディッカーソン、ロン・カーター、アル・フォスターなどの著名なミュージシャンと共演し、マリ、セネガル、トーゴ、フランス、フィンランドなど、世界中の国々で演奏を行う。演奏のほかにも、世界中でクリニックとマスタークラスを実施し、作曲家として、ジェローム財団の新興アーティストグラントとジャズギャラリーの新作委員会を受賞している。また、非営利の教育学際的芸術団体である"Experience Ayiti" の創設者である。そして、教育者、人道主義者、大使として、ベニンから中国に旅行し、異文化理解を促進し、公開コンサート、マスタークラス、ジャズセッションを通じてアメリカの芸術形式のジャズを多くの人に紹介している。2019 年2 月、リーダーとしての彼のデビューアルバムである「Global」をにリリースする。


サバンナ・ハリス : drums Savannah Harris


カリフォルニア州オークランドで育ったハリスは、幼い頃にドラムに興味を持ち2歳頃から父親のフレッド・ハリスと継父のカリル・シャヒードにドラムを習い始める。2015 年にハワード大学でダブルメジャー(ジャーナリズムとジャズ)を修了する。彼女はハワード大学ジャズアンサンブルのメンバーであり、DC ジャズフェストのフレッド・フォス・カルテットに出演した。その後、ニューヨークに移り、2019 年にマンハッタン音楽学校でステフォン・ハリスと修士号を取得する。近年は、ジェイソン・モラン、ケニー・バロン、アーロン・パークス、テレンス・ブランチャード、ジェリ・アレン、マーカス・ベルグレイブ、ジョージア・アン・マルドロー等と共演する他に、エティエンヌ・チャールズのクレオール・ソウル、ホセ・ジェイムズ、ピーター・エヴァンス、マリア・グランド、Or Bareket、そしてジオ・エスコバルをフィーチャーした前衛的なバンドStanding ontheCorner 等とツアーをしている。また、彼女は即興グループのセカンドシティ、ベイルダンスフェスティバルのアーティスティックディレクターであるダミアン・ウッツェル、ビジュアルアーティストのマーク・フォックスとの学際的な仕事にも携わっている。バンドリーダーとして、彼女自身のトリオや」リンカーンセンターのジャズ・フォー・ヤングピープル・プログラム」のジャズのティーチングアーティストでもある。2019 年にハーレムステージ新興アーティスト賞を受賞する。今、最も注目されているドラマーの一人です。