15/2/14

ダン・エッティンガー&東京フィル、マーラー5番とモーツァルト Dan Ettinger & Tokyo Phil, Mahler 5 and Mozart

UP COMING

Event Details

「マーラーの交響曲第1,2,4番の思い出深い共演を経て今回、東京フィルと第5番に取り組むことを心から楽しみにしています。マーラーの音楽を演奏することは、「人生」の道のりを生きるようなもの。死者を称える内なる思いの第1楽章「葬送行進曲」から、怒涛のように噴出する第2楽章を経て、大きなユダヤ的テーマとドイツ民謡とがせめぎあう第3楽章へ。最も有名な第4楽章「アダージェット」はさまざまな感情を呼び覚まし、我々を魂のもっとも奥深いところへ連れて行きます。音楽が一人ひとりの人生のささやかなストーリーに触れると共に、それぞれの思いを地球規模の全人類的問題へと向かわせるのです。これらすべての感情と、生命の自然と喜びに満ちた個性の大饗宴となるマーラーならではの終楽章を持って、この交響曲は結ばれます。(後略)」ダン・エッティンガー(チラシより)

ダンのこのコメント、す、すばらしい…!「マーラー5番は、先日イスラエルフィルでもう聴いちゃったけど…」という方(私もそうですが)、きっとメータとダンは全然違うはず。是非両方聴きましょう!


日時:2月15日(日)15:00開演

場所:Bunkamura オーチャードホール 

指揮:ダン・エッティンガー/ピアノ:菊池 洋子 / 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

曲目:モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K. 466、マーラー/交響曲第5番 嬰ハ短調

料金:6200円 / 7700円

予約:東フィルチケットセンター TEL 03-5353-9522 ほかウェブや各種チケットサービスで

詳細:http://www.tpo.or.jp/concert/20150215_01.php



ダン・エッティンガー Dan Ettinger(東京フィルハーモニー交響楽団常任指揮者) 

イスラエル交響楽団音楽監督、2009年にはマンハイム国民劇場音楽監督。2003年から08年までベルリン国立歌劇場カペルマイスター兼音楽監督(ダニエル・バレンボイム)助手。ウィーン国立歌劇場、ロスアンジェルス・オペラ、バイエルン国立歌劇場、ワシントン・ナショナル・オペラなど世界の主要歌劇場に出演。09-10年シーズンにはメトロポリタン歌劇場のオープニングに続き、10年には英国ロイヤル・オペラを指揮、11年には国立パリ・オペラ座を指揮予定。新国立劇場には04年『ファルスタッフ』以来毎シーズン登場し、06年新制作『イドメネオ』をはじめ、『ニーベルングの指環』全曲(09年『ラインの黄金』『ワルキューレ』、10年『ジークフリート』『神々の黄昏』)の指揮で大好評を博した。東京フィルには05年4月定期公演以来毎シーズン登場し、創造性あふれる指揮で大きな反響を呼んでいる。2010年4月より東京フィルハーモニー交響楽団常任指揮者。