18/7/26

ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズにヤエル・ロネン & Exil Ensemble 冬の旅』 が参加!

UP COMING

Event Details

現代社会とそこに生きる人間、演劇のあり方を問う最新ドイツ語演劇 4 作品を、一挙リーディング形式で紹介!


ヤエル・ロネンとマキシム・ゴーリキー劇場のシリア・パレスチナ・ イスラエル等からの俳優による Exil Ensemble(亡命アンサンブル)による作品。ドイツ人の同僚が彼らに同行して、ドイツとスイスを バスで巡る「冬の旅」に出る。旅の目的地はドレスデン、ワイマール、ミュンヘン、マンハイム、チュ ーリッヒそしてハンブルク。そこで彼らはどのように関係性を築き、何を体験し、どのような目をドイ ツに向けるのだろうか? (初演:ベルリン・ゴーリキー劇場、2017 年 4 月)。この度、作者ヤエル・ロネン Yael Ronen が来日する!

1976年、エルサレムの演劇一家に生まれ、イスラエルを代 表する最も刺激的な演出家として、現在ベルリンとテルアビブの両方にベース に、ドイツ語圏で目覚しい活躍をしている。俳優たちのグループと共にリサーチ を行い、彼らの私的な経歴などを取り込む手法による作品を次々に発表して、世 界的な評価を確立した。イスラエル、パレスチナ、ドイツの俳優が参加した『第 三世代』(2008)は大反響を呼び、多くのフェスティバルに招聘された。


<リーディング公演>

翻訳・演出:小山ゆうな

日時:7月27 日(金)19:00 +ポストトーク/ 7月28日(土)14:00

料金:料金:一般 1.000 円(前売り・当日とも)高校生以下:500 円(学生証持参、当日清算のみ) ポストトークは入場無料 (前売り:PEATIX http://peatix.com/event/XXXXX


<演劇ワークショップ>

テーマ「<今>を生きること」

日時:7月28日(土) 10:00-13:00、ホール、定員 15 名、申し込み順、通訳付き 参加費 3,000 円

ヤエル・ロネンがマキシム・ゴーリキー劇場の亡命アンサンブル(Exil Ensemble)のメンバーとともに 創り上げた『冬の旅 ةلحر ءاتشلا』の作品作りの現場を体験できるワークショップ。個人的・政 治的な立場の違いや先入観、葛藤などと向き合うために、全員が意識を共有してそれぞれの共通項や接 点を探してゆく。参加者はロネンと共に、現実とフィクション、それぞれの個人的なエピソードなどと 取り込みながら、作品の土台となる集団的・創造的プロセスを体験する。(多様なバックグランドを持 つ参加者歓迎。)


会場:ドイツ文化会館ホール (東京都港区赤坂 7-5-56) 

問合せ:ゲーテ・インスティトゥート  東京ドイツ文化センター 文化部 Tel. 03-3584-3201(代表) 

https://www.goethe.de/tokyo

Artist information