22/3/11

ノーベル賞受賞100年記念『アインシュタイン展』in 福岡!

UP COMING

Event Details

20世紀最高の物理学者と呼ばれるアルバート・アインシュタイン。

特別巡回展  ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」 が、名古屋、大阪に続きいよいよ福岡市科学館で開催!


・開催日程:2022年3月12日(土)~5月29日(日)

・公式サイト:https://einstein-fukuoka2022.jp/ 

・会場:福岡市科学館

・主催:福岡市科学館・読売新聞社

・後援:駐日イスラエル大使館、他

・特別協力:ヘブライ大学アインシュタインアーカイブ(イスラエル)


2022年はアインシュタイン訪日100周年でもあります。

1922年11月17日から43日間の滞在で、日本中で講演し熱狂的に迎えられたアインシュタイン。最後に立ち寄ったのが福岡、そして北九州市門司港から出港しました。国指定重要文化財の門司三井倶楽部(ウェブサイト)には、アインシュタインが滞在した部屋が「アインシュタイン・メモリアルルーム」として大切に保管されています。


大人から子供まで楽しめるアインシュタイン展に是非お越しください!


【同時開催】

イスラエル大使館 & アインシュタイン展特別企画

『アインシュタインに手紙を書こう!』


「友愛精神によって、君たちの世代が、いつか、私の世代を越えていってくれることを願っています」

これは、1930年にアインシュタインが日本の子どもたちへ送ったメッセージの一部です。


ヘブライ大学(イスラエル)に所蔵されている彼の遺産の中には、1949年に日本の子どもたちから届いた手紙があります。戦後混乱の中を生きた子どもたちは、先生からアインシュタインの話を聞きました。彼のダイナミックな科学理論や、平和主義を貫く姿に自分たちの未来への希望が重なったのでしょうか。アインシュタインの誕生日を祝う子どもたちの手紙や絵には、科学の発展と平和への思いが込められていました。

あれから70数年。コロナ渦で混乱の中を生きる今の子どもたちは何を思い、どんな夢を描いているのでしょう。本企画では、展示を見た現代の子どもたちに、手紙やイラストでアインシュタインへ思いを募ります。お子様・お友達を誘って応募してくださいね!


・応募締切:2022年6月3日(金)消印有効

・応募方法:アインシュタイン展福岡会場に設置の応募用紙から

・対象:中学生以下の子ども

・概要:アインシュタイン展示を見て感じたことや、アインシュタインに伝えたいメッセージを指定の応募用紙に書いて、イスラエル大使館へ送ります。イラストでも手紙でも内容は問いません。「イスラエル大使館賞」「アインシュタイン展賞」に選ばれた方には記念品をプレゼントします!応募作品は、イスラエル大使館を通して、アインシュタインの遺産が所蔵されているヘブライ大学アインシュタインアーカイブに届けます。


▷お問合せ:applications@tokyo.mfa.gov.il

 駐日イスラエル大使館  科学技術部

 「アインシュタインに手紙を書こう!」係



【特別ビデオ】

イスラエルの建国やヘブライ大学と深いかかわりがあるアインシュタイン。彼の知られざる横顔を映像で紹介するスペシャルムービーは、当ウェブサイトと大使館YouTubeで公開中!


『アインシュタインとイスラエルの深いつながり』

 ▷ビデオ視聴はこちら

  ・制作:イスラエル外務省

  ・協力:ヘブライ大学アルバートアインシュタインアーカイブ



※次回アインシュタイン展は2023年夏鳥取県で開催予定

Artist information