17/9/8

中之条ビエンナーレ2017で企画展 『Neither Black, Nor White(黒でも白でもない)』Exhibition 『Neither Black, Nor White』By Shir Yamaguchi in Nakanojo Biennale 2017

UP COMING

Event Details

「-Symbiosis-共生

歴史ある温泉郷、いまも残る養蚕農家、時を感じさせる木造校舎。そのすべてがアートの舞台となり、多様なものとの共生をこころみる。脈々と続く山村文化とアートに触れられる旅へ。


時が止まったままの木造校舎や養蚕農家、文豪たちが愛した情緒ある温泉街、そこには山村での暮らしが今も息づいています。古くから芸術と地域文化を途切れることなく紡いできた中之条では、1998年に町営の温泉施設でアーティストが制作しながら暮らすことを始め、2007年には中之条ビエンナーレとして発展し、アーティストの滞在制作と発表の舞台となりました。6回目となる今回は、国内外から様々な異なる文化を持つアーティストがこの地に集まり、長期間の滞在制作をこころみます。国際的な芸術祭として歩みつつある中之条ビエンナーレを通じて、多様な文化が中之条で出会い、つながり、溶け合い、この地で共生しています。」(主催者メッセージ)


…温泉街や木造校舎など町内各所でアート作品の展示、演劇、身体表現などのパフォーマンス、ワークショップ、マルシェなどを開催される中之条ビエナーレ。今回は、ウィルフリッド美術館(イスラエル)のキュレーター、シール・メラー・ヤマグチの企画展が参加します。


企画展『Neither Black, Nor White(黒でも白でもない)』


「イスラエルとパレスチナのアーティストによるこの企画展は、様々なメディアを使って想像と破壊の間にある緊張を実験し、黒と白の間を行き来する。

複雑な現実世界に生き、日常に起こる矛盾と向き合うには対立する世界の相互依存を見、現実に対し広い視野が必要とされる。(中略)私達の世界は人類それぞれの違いを強調することで、悲惨な窮地へと転換してきている。これらの態度は更なる暴力と計り知れない苦しみを生む。私達の役割は、自分達の目を見開き分離を超えて世界を見、私たちを自由へと導くことのできる二元的認識を認知することである。」(シール・メラー-ヤマグチ)


参加アーティスト:オリ・ガーシュ、ファリド・アブシャクラ、マヤ・コーエン・レヴィ、タル・アミタイ、ノア・イェクティエリ、マナー・ズアビ


<中之条ビエンナーレ> Nakanojo Biennale


開催期間:9月9日(土)-10月9日(月・祝)の31日間 無休(9:30-17:00) 

開催場所:群馬県吾妻郡中之条町 町内6エリア51ヶ所 参加アーティスト数163組

料金:パスポート当日1,000円/ 高校生以下 観覧無料

問合せ:中之条ビエンナーレ実行委員会事務局(イサマムラ内) 

TEL 0279-75-3320(受付時間 平日9:00-17:00)/ E-mail office@nakanojo-biennale.com

詳細:http://nakanojo-biennale.com/



シール・メラー-ヤマグチShir Meller-Yamaguchi

アジア芸術のウィルフリッドイスラエル博物館のキュレーターであり、テルアビブ大学とオラニン美術大学の博物館教育の講師。1995年レスター大学M.A. in Museum Studies 1992〜2005年ヤンコ-ダダ博物館、ティコティン日本美術館、の教育主任を勤め、

2005年から現職。2006年 オラニン大学にインタラクティブな展示センターを設立。

Artist information

マヤ・コーエン・レヴィ