Israel Music Compilation -1 by Makoto Kubota  久保田麻琴

白を身に着けている人のヘッドショット

久保田 麻琴 / Makoto Kubota

裸のラリ-ズ他数々のバンドで演奏、海外での演奏や録音経験も豊富。浜田真理子の新作など多くのアーティストのプロデュースをてがけ、阿波踊りや岐阜県郡上の盆踊りなど日本の音楽の録音/CD制作も行う。 

細野晴臣や、ライ・クーダー、レボン・ヘルムとも作品で共演している。宮古島の古謡を題材とした映画 Sketches of Myahk の原案整音出演を担当、スイス ロカルノ国際映画祭で準グランプリ受賞。約3万人の観客動員。大友克弘の最新短編アニメ、火要鎮の音楽担当。

CONCEPT

「音楽と街にはバイオリズムのようなものがある。10年前にスペインでたまたま見かけたBoomPamのライブの衝撃は生涯忘れないだろう。それから5年あとで彼らの東京でのショウを手伝うことになった。相変わらず素晴らしい演奏だったし、その時彼らが持ち込んだThe ApplesやKutimanなどのCDは驚くほど豊かな響きを持っていた。 それ以来ずっと彼らの街、テルアヴィヴに注目している。そのバイオリズムは衰えることがないようだ。そのスタイルの幅広さ、響きの深さは、ある時期のキングストンやニューオーリンズを思い出させ、サンフランシスコで起きた一種コミューナルでeuphoricな音楽のヴァイヴレーションを伝える。2000年代最も重要な音楽のニュースだ。 いったい何がこの街で起きているのだろう。全ての地球の音楽好きが注目するのは、時間の問題だ。」

 

(久保田 麻琴さんメッセージ) www.makotokubota.org