アワード発表!「障害」がテーマのハッカソン"I’M-POSSIBLE"

日本語|ENGLISH


駐日イスラエル大使館と日本財団のコラボレーションで実現した「I’M-POSSIBLE ハッカソン」が、10月10日(日)に閉幕しました。日本・イスラエル・世界からの参加者が22チームに分かれ、スポーツ、日常生活、移動手段、人とのつながり、雇用などをテーマに、障害者の生活をよりアクセシブルにするための様々なアイデアを競い合った1か月。最後に6チームがアワードを受賞しました!


第1位 Assistech Design Lab(ADL)

第2位 Sounds Direction

第3位 Talkee

第4位 XALL

  S-T-S

特別賞 My Community


※1各受賞チームの名前をクリックするとプロジェクトサマリーとビデオをご覧いただけます。

※2参加全チームのプロジェクトギャラリーはこちら から視聴できます。

※310月10日(日)のイベントは、同コミュニティーのYouTubeチャンネルから視聴可能です。


受賞チームのみなさん、おめでとうございます!

そして、イスラエル・日本・世界から参加し、よりアクセシブル・インクルーシブな社会を目指してアイデアを競ったみなさん、ありがとうございました!


I'M-POSSIBLEハッカソンは 、参加者で作られたコミュニティ「Japan Israel Makers Community」の始まりです。

ハッカソンで生まれ育ったアイデアや成果物を更に発展できるように、このコミュニティープラットフォームは継続します。さらに、障害に関する知識のデポジトリーとして集められたレクチャーなどの情報や動画は、YouTube特設チャンネルから今後も発信していきます。


【アーカイブ】

・10/10閉会イベント&アワード発表ビデオ 日本語ENGLISH

・9/5 開会イベントビデオ 日本語ENGLISH

・I'M-POSSIBLEプロジェクトギャラリー HERE

・Japan Israel Makers Community YouTubeチャンネル HERE


 



主催 駐日イスラエル大使館 日本財団

共催 Tikkun Olam Makers i-Collaboration Kobe Lowenstein Rehabilitation Medical Center

   Access Israel hy[x] 株式会社モーリス Shekulo Tov Group Hackautism

協力 Zero Project 8200 IMPACT Clalit Health Services Sign Now ELOR Sicuy Shaveh

   ホロン工科大学 コランダム・イノベーション株式会社 駐日イスラエル大使館経済部

『ARTIST INDEX』 に掲載されている各アーティストのプロフィールは、過去のメールマガジンから転載されたものです