世界的な環境彫刻家ダニ・カラヴァン90歳で死去

イスラエルの著名な彫刻家 ダニ カラヴァンが5月29日に 死去。享年90 歳。 環境の彫刻の先駆者として テルアビブ、パリ、フィレンツェなどで活躍。 1977 年にイスラエル賞を受賞 。代表作はクネセット(イスラエルの国会議事堂)のレリーフ壁画「エルサレムの平和を祈る」、ベエルシェバ郊外の環境彫刻「ネゲヴ記念碑」、テルアビブの「白い広場」など 。国外ではパリ郊外の セルジ・ポントワースの「大都市軸」や、ポルトボウ(カタルーニャ州)「パサージュ ヴァルター・ベンヤミンへのオマージュ」などがある。


日本でも、自然や環境と調和したパブリックアートのトレンドを牽引。数々のモニュメントや公園を残し、人々に親しまれている。


<日本の作品>


札幌芸術の森野外美術館「隠された庭への道」(1992年-99年) 宮城県美術館「マアヤン」(1993年-95年) 大阪・長居陸上競技場)「高きへ」(1997年) 霧島アートの森「ベレシート(初めに)」(2000年-) 室生山上公園 芸術の森(2006年-)

高松宮殿下記念世界文化賞 彫刻部門(1998年)

HP: https://www.danikaravan.com/


©Tamar Karavan


『ARTIST INDEX』 に掲載されている各アーティストのプロフィールは、過去のメールマガジンから転載されたものです