新刊図書案内『「その他の外国文学」の翻訳者』白水社編集部編




 「その他」の側から世界を見る―。


翻訳大国日本。多くの外国文学が翻訳され、読まれている。その中には日本では学習者が少なく、「その他」とくくられる言語によるものも含まれる。


 しかし、「その他」だといって存在感が小さいわけではない。インディペンデントな文学賞として知られる「日本翻訳大賞」の第一回大賞の二作品は、韓国語とチェコ語による作品だった。いずれも「その他」に分類される作品が、読者からも、翻訳者からも多くの評価を得たこと自体が、このカテゴリーの奥深さのあらわれではないだろうか。


では、「その他」を生み出しているのはどのような翻訳者たちなのか?

日本では馴染みの薄い言語による文学を、熱意をもって紹介してきた九人の翻訳者が、その言語との出会いや学習方法、翻訳の工夫、そして文学観を語るインタビュー集。


ヘブライ語は『アンチ』(岩波書店)の翻訳された鴨志田聡子氏が紹介されている。


◇四六判 228 頁 定価(本体1,900 円+税)白水社  2022年2月28日発売


序文・斎藤真理子

鴨志田聡子( ヘブライ語)

星泉( チベット語)

丹羽京子( ベンガル語)

吉田栄人( マヤ語)

青木順子( ノルウェー語)

金子奈美( バスク語)

福冨渉( タイ語)

木下眞穂( ポルトガル語)

阿部賢一( チェコ語)


出版社HP




『ARTIST INDEX』 に掲載されている各アーティストのプロフィールは、過去のメールマガジンから転載されたものです