Amos Oz

アモス・オズ

Xhang Lei

Artist Profile

アモス・オズ Amos Oz


1939年エルサレム生まれ。14歳で独立し、イスラエル独自の、社会主義とシオニズムの理想に基づいて農業などを営む“キブツ“と呼ばれる共同体に入る。教師養成のためキブツからヘブライ大学に派遣され、卒業後の1965年に著した短編集『ジャッカルの地』で小説家としてデビュー。以来、イスラエルの文壇をリードし続ける存在となる。自伝的小説『愛と闇の物語』は映画化され、ナタリー・ポートマンが脚本・主演を担当したことで話題となった。小説の他、随筆・対談集・児童書等を執筆し、作品は世界45の言語に翻訳されている。代表作品には他に『わたしのミハエル』、『ブラック・ボックス』、『地下室のパンサー』、『ユダの福音書』などがある。イスラエル賞、フランス芸術文化勲章、ドイツ書籍協会平和賞、ゲーテ賞他、国内外の数多くの文学賞を受賞、ノーベル文学賞の候補としても幾度かリストに名を連ねた。またオズは平和活動家として、ダヴィッド・グロスマンらと並びパレスチナとの平和共存を主張し続け、「ピース・ナウ」をはじめとする数々の平和運動を展開したことでも知られている。2018年に逝去。