Einat Cooper

エイナット・クーパー

Artist Profile

1990年代に留学生として東京で日本語を学ぶ。帰国後に翻訳家としての活動を始め、日本語文芸作品のヘブライ語翻訳を数多く手がけるようになる。公開イベントや学会にも多く招かれ、ヘブライ語に翻訳される日本文芸作品の多様性の必要についてヘブライ語読者に伝えている。『海辺のカフカ』(Keter Books、2007年)や『1Q84』(Keter Books、2011-2012年)をはじめ、村上春樹の作品を多数翻訳しているほか、吉本ばなな著『N・P』(Keter Books、2000年)、三島由紀夫著『金閣寺』(Poalim Library、2007年)、谷崎潤一郎著『蓼喰ふ虫』(Modan Publishing、2009年)、『仮面の告白』(Persimmon Books、2020年)などをヘブライ語に翻訳。