Gilad Chatsav

ギラッド・ハツァブ

Artist Profile

1981年ティベリア生まれ。6才よりピアノ・作曲を始め、9才より本格的な音楽教育を受ける。その後テルマ・イエリン芸術学校、エルサレム音楽ダンスアカデミーにてジャズを学ぶ。在学時に映画音楽を手掛け、ゲッシェル財団より受賞。イスラエルの主なジャズ・フェスティバルに出演し、ジャズの他、ブラジリアン、ワールドミュージック等にも造詣が深い。これまでに4枚のCDをリリースし、うち2枚『Jazz from the Middle to the East』はディスク・ユニオンにて発売され、ジャズ評論家寺島靖国氏プロデュースによる「Jazz Bar 2014」では、彼のオリジナル曲「Sinai」が選曲されている。また2015年International Jazz Dayでは、イスラエル代表としてオーガナイザーを務めた。