Jacob Goldwasser

ヤコブ・ゴールドヴァッサー

Artist Profile


1950年生まれ、イスラエルのテルアビブ出身。ホロコースト生存者の父を持ち、子供の頃に一家でオーストラリアに移住するも一年で帰国した経験を持つ。1982年、警察署の金庫を狙う強盗たちを描いたコメディ“Mitahat La’af”(英題:Big ShotsまたはUnder the Nose)で長編監督デビュー。実話をベースにイスラエルの社会問題を織り交ぜた同作は今なおカルト的人気を誇る。1991年、自身の少年時代の体験をもとに、安住の地を探し求めるユダヤ人一家を描いた“Me'ever Layam”(英題:Over the Ocean)で、イスラエルのアカデミー賞に相当するOphir賞9部門を受賞、アカデミー賞外国語映画賞のイスラエル代表作品に選ばれる。2000年以降はテレビドラマの監督としても活躍しており、現代イスラエルの家族像を描いた“Meorav Yerushalmi”(英題:Jerusalem Brew)で数多くの賞を受賞した。


※監督作品(カッコ内は英題)

1982 Mitahat La’af (Big Shots)

1988 Abba Ganuv (The Skipper)

1991 Me'ever Layam (Over the Ocean)

1995 Max V’Morris (Max and Morris)

2000 Litpos Et Ha-Shamayim (Catching the Sky) テレビドラマ

2008 Ein La Elohim (She’s got it)

2002-2008 Meorav Yerushalmi (Jerusalem Brew) テレビドラマ

2009 Efect 30 テレビドラマ

2018 靴ひも (Laces)