Lahav Shani

ラハフ・シャニ

© Marco Borggreve

Artist Profile

2016 年6月、指揮者、ソロピアニストとしてロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団でデビュー。それから2か月も経たないうちに、同楽団史上最年少で首席指揮者に就任した。就任後初のシーズンで、ヨーロッパ各地、中国、台湾のコンサートを指揮。ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団とシャニは、ワーナー・クラシックスとレコーディングの独占契約を結んでいる。2020/21 シーズンから、シャニはズービン・メータが 50 年間つとめたイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督の任を引き継いだ。シャニと同楽団との親密な関係は、10 年以上前に遡る。16 歳でオーケストラデビューし、2007 年には 18 歳でズービン・メータ指揮のもとチャイコフスキーのピアノ協奏曲を演奏。その後、コントラバス奏者としてオーケストラと定期的に共演した。2013 年、バンベルクで開催されたグスタフ・マーラー国際指揮コンクールで優勝した後、オーケストラはシャニをシーズンのオープニングを飾るコンサートに指揮者として招待した。以来、指揮者、ピアニストとして毎年オーケストラに戻り、2016 年 12 月には 80 周年記念の最終公演で指揮した。シャニは、ベルリン国立歌劇場でのオペラ公演と交響曲コンサートのため、シュターツカペレ・ベルリンと定期的に共演している。近年は客演指揮者として、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、ロンドン交響楽団、ボストン交響楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、フィラデルフィア管弦楽団、ブダペスト祝祭管弦楽団、パリ管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団と共演している。1989 年テルアビブに生まれたシャニは、ハンナ・シャルギのもと6歳でピアノを始め、ブッフマン・メータ音楽学校でアリエ・ヴァルディのもと研鑽を積んだ。その後、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学では指揮をクリスチャン・エーヴァルト、ピアノをファビオ・ビディニに師事し、ダニエル・バレンボイムからも薫陶を受けた。


https://www.ipo.co.il/en/lahav-shani-as-its-next-music-director/