Yemen Blues

イエメン・ブルース

Artist Profile

2010年、イエメン系イスラエル人のフロントマン:ラヴィッド・カハラーニーによって結成。トランペット奏者イタマル・ボロホヴ(Itamar Borochov)、パーカッション奏者ロニー・イウリン(Rony Iwryn)、パーカッション奏者イタマル・ドゥーアリ(Itamar Dooari)、ウード/ベース奏者シャニール・ブルーメンクランツ(Shanir Brumenkranz)のほか、イスラエル・ジャズ・シーンの人気ベーシストであるオメル・アヴィタルも初期メンバーとして名を連ねる(現在は脱退)。2010年、オメルとの共同作業のもとファースト・アルバム『Yemen Blues』を発表。イエメン系ユダヤ音楽をベースにアフリカ音楽やファンク、ジャズなどを融合した独自のサウンドが欧米でも絶賛を浴び、ワールドツアーを成功させる。2015年には、奇才ビル・ラズウェルのプロデュースによりセカンド・アルバム『Insaniya』を完成し、デジタルのみで世界リリース。2017年「第16回 東京JAZZ」での初来日公演に合わせ、同作は『インサニヤ ~人間性』として日本盤リリースされる。


HP: http://www.yemenblues.com/