19/8/29

シャイ・マエストロ出演「NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇」NEO-SYMPHONIC JAZZ at GEIGEKI featuring Shai Maestro

UP COMING

Event Details

シンフォニック・ジャズの定番曲、「ラプソディ・イン・ブルー」が初演されてから95年。その後も様々なシンフォニック・ジャズが作られてきたが、コンサートで紹介される機会は非常に少ない。そこで「ガーシュウィンやバーンスタイン以降の優れた作品を採り上げ、さらに新作も発表するコンサート」として企画されたのが「NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇」である。(主催者HPより)

 

日時:8月30日(金)19:00開演(18:40分から挾間美帆によるプレトークあり)

会場: 東京芸術劇場コンサートホール(池袋)

構成・作編曲、プレトーク:挾間美帆 

指揮:原田慶太楼 

ピアノ:シャイ・マエストロ 

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団 

 

曲目 ジョージ・ガーシュウィン/『ガール・クレージー』序曲

クラウス・オガーマン/『シンフォニック・ダンス』から第1楽章、第3楽章

レナード・バーンスタイン/『オン・ザ・タウン』から「3つのダンス・エピソード」

シャイ・マエストロ(挾間美帆編曲)/ザ・フォーガットン・ヴィレッジ

挾間美帆/ピアノ協奏曲第1番(東京芸術劇場委嘱作品・世界初演) ほか

 

料金(全席指定・税込) S席 8,000円 A席 6,500円 B席 5,000円 高校生以下 1,000円(劇場ボックスオフィスのみ取扱い、枚数限定、要証明書)

 

問合せ: 東京芸術劇場ボックスオフィス0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

詳細:http://www.geigeki.jp/performance/concert183/

 


シャイ・マエストロ(ピアノ)Shai Maestro, Piano

1987年イスラエル生まれ.昨年、マンフレート・アイヒャーのプロデュースによるECMからの第一弾アルバム『ドリーム・シーフ』をリリースしたシャイ・マエストロ()は、同世代で最も才能がある5歳でクラシック・ピアノを始め、8歳の時にオスカー・ピーターソンを聴いてジャズに開眼、テルマ・イェリン国立芸術高等学校でジャズとクラシックを学び、その後ボストンのバークリー音楽大学へ入学した。2006年、19歳で世界的なベース奏者アヴィシャイ・コーエンのトリオに抜擢され、ブルーノートへの2作品を含む4作品のアルバム録音に参加。2010年に自身のユニットを結成し、2011年春、トリオのデビュー・アルバム「シャイ・マエストロ・トリオ」をフランスのLaborieからリリースした。また並行してテオ・ブレックマンとのコラボレーション、マーク・ジュリアナ・ジャズ・カルテット等でも才能を発揮してきた。現代ミュージック・シーンでひときわ輝きを放つイスラエル・ジャズの中心に立つひとりである。現在は拠点とするNYで業界やメディアから絶大な評価を受けながら、ジャズ・クラブや音楽ホールで著名ジャズアーティストとの共演を行う他、クラシック音楽のリサイタルも開くなど積極的な音楽活動を展開している。

Artist information