18/2/15

GTO Trio ジーティーオー・トリオ ジャパンツアー2018  GTO Trio Japan Tour 2018

UP COMING

Event Details

「偉大なアーティストになるには、有意義な人生体験や語るべき物語が必要だが、イスラエルはまさにそれらを得るのにうってつけの場所といえるだろう。断続的な脅威や紛争が日常生活の一部になってる場所に住む若者たちの生活は、否が応でもそうなってしまうと自分には思える。今、イスラエルからたくさんの熟練した、あるいは若いジャズメンが輩出されている理由の一つは、この点にあると確信している。そんな中で最近「僕らはここにいる!」とアピールする真摯な若いミュージシャンたちのムーブメントが、驚異的な勢いで生まれ、成長していくのを目の当たりにしている」

- アヴィシャイ・コーエン(b) / 2014年 8月イスラエル大使館文化部発行の「ISRAEL JAZZMEN The Next Generation 次代を担うイスラエルジャズメン」掲載コメントより抜粋

 

イスラエルジャズブームの火付け役となったベーシストのアヴィシャイ・コーエンの言葉通り、NYで、テルアビブで、若い才能が続々と育っています。そんな中から、今一番イキの良い連中が3人まとめてやってきます。メンバーはそれぞれが、アヴィシャイ・コーエン(b) 、アヴィシャイ・コーエン(tp) 、エリ・デジブリら、イスラエルを代表するビッグネームのサイドマンを務めた新世代のトップランナーたち。 生年月日を見てびっくり!演奏聴いてさらにびっくり!

 

タル・マシアハTal Mashiach (bass) / ガディ・レハヴィGadi Lehavi  (piano) / オフリ・ネヘミヤOfri Nehemya (drums)

 

2月16日(金) 静岡市

ライフタイム Life Time (Shizuoka) 

http://www.fugetsuro.co.jp/lifetime/


2月18日(日)武蔵野市

スイングホール Swing Hall (Musashino City) 

http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2017/10/gto.html


2月19日(月)京都市

ル・クラブジャズ Le Club Jazz (Kyoto) 

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ktsin/


2月21日(水)名古屋

スターアイズ Star Eyes (Naogya)

https://www.stareyes.jp/


2月23日(金)新宿

ピットイン Pit Inn (Shinjuku) 

http://www.pit-inn.com/index.html


2月25日(日)南青山

ボディ&ソウル Body & Soul (Minami-Aoyama) 

http://www.bodyandsoul.co.jp/

 

ツアー企画

オフィス・ズー:http://zoojazz.music.coocan.jp/

(撮影:Gaya Sa’adon)

 

こちらにも詳しく→「イスラエル新世代の精鋭が結成したトリオの初来日ツアー」(「PJ Portrait in Jazz」より)https://pjportraitinjazz.com/news/20180206_618/

 


タル・マシアハ(ベース)Tal Mashiach (b)

1993年イスラエル北部の村ハラシム生まれ。11歳でクラシックギターを始め、エルサレム音楽舞踊アカデミーのギター部門国内最優秀賞(2011)をはじめ、数々の賞を受賞。またアメリカ=イスラエル文化財団優秀奨学金獲得(2006-2010)。2011年徴兵時にイスラエル国防軍の優れたミュージシャン育成プログラムに選抜され、ダブルベースとクラシック音楽とジャズの勉強を開始。その後、アヴィシャイ・コーエン、アナット・コーエン、ユヴァル・コーエン、ダニエル・ザミール、アモス・ホフマンなど、多くのイスラエルのジャズアーティストと共演。 2014年と2015年には、オフリ・ネヘミヤ・カルテットのメンバーとしてヨーロッパツアー。 2014年9月、アヴィシャイ・コーエン (tp)・トリヴェニのメンバーとして初来日、2015年、NYのニュースクール大学BFA課程の全額奨学金(~2017)を獲得したのを機に渡米。

 


オフリ・ネヘミヤ(ドラム)Ofri Nehemya (ds)

1994年ラマットガン生まれ。国立テルマ・イエリン芸術高校卒(2012)。在学中の2011年にバークリー音楽大学のサマー・ジャズプログラムおよび同学BA課程の全額奨学金を獲得。またアメリカ=イスラエル文化財団優秀奨学金(2004-2013)獲得。徴兵時にはイスラエル国防軍の優れたミュージシャン育成プログラムに選抜された。その才能は早くから注目を集め、10代の頃からすでに、アヴィシャイ・コーエン(b)、エリ・デジブリ、アーロン・ゴールドバーグ、オメル・アヴィタルなどと共演。またエリ・デジブリ・カルテットでは、2015年の「東京JAZZ」主会場の東京国際フォーラム・ホールAでゲストの山中千尋やアヴィシャイ・コーエン(tp)と共演。現在はNYを拠点に活動中。

 


ガディ・レハヴィ(ピアノ)Gadi Lehavi (p)

1996年テルアビブで生まれ。幼児の頃から耳で聴いた曲を譜面無しで再現できる能力に恵まれ、のち即興演奏から自然にジャズの道へ。8歳でクラシックピアノとクラシック音楽理論を学び始め、11歳でリモン音楽学校(Rimon School of Jazz and Contemporary Music)の学生として受け入れられ、14歳~16歳は同学校の全額奨学金を受ける。 13歳の時にバークリー音楽大学5週間プログラム全額奨学金を得て渡米、その後母親が彼をNYに連れて行き、市内の有名なジャズクラブで演奏。そこでまたたくまに注目を集め、ラヴィ・コルトレーンやチック・コリア、ボビー・マクファーリン、デイヴ・リーブマン、カート・ローゼンウィンケル、エディ・ゴメスらと共演。2012年にはブルーノートで“ガディ・レハヴィ・トリオ”として6夜連続公演。当時弱冠16歳。特にラヴィ・コルトレーンは大変目をかけ、ヴィレジ・ヴァンガードやバードランドなどの名門クラブで共演する機会を積極的に提供した。その後エリ・デジブリにのツアーメンバーとして2015年に初来日、東京JAZZ主会場の東京国際フォーラム・ホールAに出演、テレビ放送もされた。