ガブリエルとファニー(プロローグに代えて)

ガブリエルとファニー(プロローグに代えて)

Gabriel and Fanny (instead of prologue) by Nava Semel From Hats of Glass (ホロコースト次世代の人生小品集から)「ガブリエルとファニー」(プロローグの代わりに)
2019 Kinneret Zmora Dvir Publishing House
ヘブライ語からの訳 樋口 範子

作品紹介

この作品は、1985年に刊行された『Hat of Glass』11篇に、各誌から選出された7作品を加え、著者の死後2019年に刊行された『Hats of Glass』の冒頭作品である。元々は、Yネット上で発表された小品。
ルーマニアを起点に、二度の世界大戦を生き延びた自らの祖父母の、当時はまったく語られなかったそれぞれの人生(1919年から1967年まで)を、孫であるナヴァ・セメルが史実参照と現地取材、本人への聞きとり、さらに想像を含めて書いた長編遺作『Fanny And Gabriel』(2017年刊行)の、いわば超短縮版である。戦中戦後を生きる苦難を、内面の思いも希望も異なる家族がどのように越え、互いの溝をどのように埋め、闘い、あるいは放置、黙認したかが、愛おしくも辛くもある孫の視点で描かれている。