作家

Savyon Liebrecht

サビヨン・リーブレヒト

作家紹介

1948年ドイツのミュンヘンに生まれる。両親はポーランド生まれのホロコースト生還者。2歳でイスラエルに渡り、兵役後にテルアビブ大で哲学と英文学を修める。兵役時から執筆を始めていたが、文芸誌に本作が載ってデビュー。本作をタイトルにした短編集『砂漠の林檎』は1986年に出て、映画化もされた。短編から長編、戯曲やTV台本やSFまで守備範囲は広く、アメリカのユダヤ系作家グレイス・ペイリー作品のヘブライ語訳も手がけている。ちなみに、村上春樹氏はグレイス・ペイリー作品を好んで邦訳している。