levontin7 bar.jpg

Jazz
Pamphlet

​イスラエルジャズとは

ジャズのような自由でクリエイティブな音楽を、国籍や人種でくくって「〇〇ジャズ」と呼ぶのはおかしいかもしれません。しかしこの10年間、イスラエル出身者のジャズ・ミュージシャンの躍進はめざましく、日本での認知度も飛躍的に高まってきました。ふと耳にしたメロディーに「あれ?イスラエルっぽいな」という感じることもあります。そこで「イスラエルジャズ」について以下のような特徴をまとめてみました。
 

  1. 中東音楽の影響

  2. 伝統的なユダヤ音楽の影響(東ヨーロッパなど)

  3. オリジナル楽曲が多い

  4. 世代が若い

  5. インプロが得意

  6. NYに太いパイプがある

インプロが得意…。これが、イスラエル人とジャズを結びつける大きな要因の一つに思えます。国民性の特徴として「適応力や柔軟性が高い。臨機応変(場当たり的な対応が上手)」なのは、世界中に離散後、各地域に根ざしながらも独自の文化を貫いてきたユダヤ人の生き方が影響しているのかもしれません。NYやパリにも大きなユダヤ人コミュニティがあり、NYにジャズを学びに行くにしても、家族・親戚・先輩・友達などが多いので、“行きやすい“という利点もあります。
一方イスラエルには、アメリカ帰りのジャズマンたちから本格的なジャズ教育を受けられる教育機関がいくつもあり、またライブハウスやジャズフェスも安価で身近で、老若男女問わず、幅広い層に愛されるアートといえるでしょう。

大使館文化部では、2013年から2016年までの4度にわたって、イスラエルジャズメンを紹介するパンフレットを作成し、毎年秋に行わていた「東京JAZZ」を中心に、日本全国のミュージックストアやライブハウス、ジャズフェスなどで配布してきました。以下のpdfからご覧いただくことができます。

Kenji%201_edited.jpg

『Israeli Jazzman in New York』

~ニューヨークのイスラエルジャズメン~

Israeli Jazzmen in New York  (2016)

なぜイスラエルジャズメンはイスラエルで成功できたのか?またそれぞれのパーソナルな個人史に迫る貴重な証言を収集。

Israeli Jazzman in New York

『Israel Jazz Experience』

~ジャズを聴きにイスラエルへ~

(東京JAZZ&レッドシー・ジャズフェスティバル交流記念)

Israel Jazz Experience -Memorial edition of “Red Sea Jazz Festival meets Tokyo Jazz Festival”-(2015)

イスラエル最大のジャズフェスである「紅海(レッドシー)ジャズフェスティバル」と日本最大のジャズフェス「東京JAZZ」の交流を記念し、紅海沿岸の会場都市エイラットの魅力を紹介。またテルアビブのジャズクラブや美味しいお店の情報も!

srael Jazz Experience

『Israeli Jazzmen -ザ・ネクスト・ジェネレーション

~次世代を担うイスラエルジャズメン~

“Israeli Jazzmen –The Next Generation” (2014)

パンフレット第二弾。10代~20代の若さで次々に世界に羽ばたく“ネクスト・ジェネレーション”を特集。山中千尋をはじめ日本の音楽関係者からの寄稿とともに、若手の発掘・育成でも有名な巨匠アヴィシャイ・コーエンの熱いメッセージも掲載。

Israeli Jazzmen -ザ・ネクスト・ジェネレーション

イスラエルジャズメンの群像を追って

“Sensational Israeli Jazzmen” (2013)

イスラエルジャズパンフレットの第一弾。HMV, disk union, Tower Record, 3社のイスラエルジャズファンスタッフの方が、お薦めCDを各人3枚ずつセレクト。日本でも既に人気の高い主要なイスラエルジャズのスターたちを紹介

イスラエルジャズメンの群像を追って