樹木祭のあと

樹木祭のあと

著者名 ルツ・アルモグ
 短編集『樹木祭のあと』からの出典
作品名「樹木祭のあと」
 ヘブライ語書名  Acharei Tu Bi-Shvat
 英語書名     After Tubishvat
 版元     Tarmil Piblishing Huse 1979年
 出典ページ  44p~ 51p

作品紹介

ともに医師であった著者の両親は、ナチが政権をとった1933年にドイツからパレスチナに移民した。この物語は、1979年に発表され、多くの読者を獲得して抒情的なリアリズム作家と称された。14歳で最愛の父を失った悲しみが、みずみずしい感性と思春期ならではの視点で描かれている。1950年のイスラエル建国直後の様子が、小中学生を動員しての植樹祭、植樹遠足を通して描かれている。また、移民を含めた当時の人々のつましい暮らしも垣間見える。